枠

宝石と貴金属のちょっとした話

ダイヤモンドや宝石の「カラット」って何のこと?

4C

ダイヤモンド

1カラット=0.2グラム 直径 約6.5mm

4Cとはカラット(重さ)、カラー(色)、カット、クラリティ
(透明度)のことです。 ダイヤモンドはこの4つの「C」によって
異なる特徴と美しさを出します。

ダイヤモンドや宝石の「カラット」って何のこと?

原石の善し悪しがカットされたダイヤモンドの” 美しい輝き”の決め手になっています。しかしもともと劣る原石に優れたカットを施しても”美しい輝き”は得られません。

ソーヤブル
ソーヤブル
2個のピラミッドを合わせた様な正八面体の原石。【のこぎりで切る=saw】が【できる=able】という意味で、ロシアやナミビアの鉱山から多く産出されます。ダイヤモンドのパウダーを付けた刃で切断、通常は大小2個のダイヤモンドに研磨します。
メイカブル
メイカブル
【作ること=make】が【できる=able】という意味で、形がまちまちである為、一つ一つの原石の形に対応して研磨されます。中級品の素材ですが、中には原石の形は悪くとも良質に磨きあがるものもあり、一方では美しさに欠ける低品質のものも生まれます。
ニアー・ジェム
ニアー・ジェム
宝石用に近い、本来工業用を意味する原石で、透明度に欠け、大きな炭素の黒点=カーボンや亀裂の多いものがほとんどです。研磨されたダイヤモンドも透明度は低く、美しさは今ひとつで、低単価のジュエリーに使用されます。

ダイヤモンドの歴史的なカット

  • ポイントカット
  • テーブルカット
  • オールドシングルカット
  • マザリンカット
  • ペルッチカット
  • オールドカット

宝石のカットの種類

  • ブリリアントカット
  • エイトカット
  • ローズ
  • ハーフダッチローズ
  • ステップカット
  • シザースカット
  • セイロンカット
  • エメラルドカット
  • スクエアー
  • パゲット
  • オクタゴン
  • フレンチカット

金・プラチナ・ホワイトゴールドなどの貴金属のちょっとした話

貴金属

使われている貴金属には意味がある?

金、プラチナ、ホワイトゴールド、パラジウム、シルバー・・・
ジュエリーには貴金属の特性を生かした使われ方がされているんです

K24 ゴールド
K24 ゴールド
純金のゴールドです。
柔らかく強度がない為に指輪には不向きです。
K18 ホワイトゴールド
K18 ホワイトゴールド
金75%に金に白いパラジウムを混ぜた金属です。銀も入れることで色が白くなります。プラチナよりもお求めやすく、耐久性もほぼ変わりません。ロジウムをメッキすることにより強度を増すこともできます。
プラチナ PT900
プラチナ PT900
パラジウムを10%入れることで硬くなり強度があります。磨耗しにくく耐久性に優れている為、エンゲージリング(婚約指輪)、マリッジリング(結婚指輪)に多く使われております。
プラチナ PT850
プラチナ PT850
パラジウムを15%含有しているプラチナです。主にネックレスに使われています。

Pagetop